児童発達支援から教えてもらったABAによって自分の子供が持っていた発達障害が良好

児童発達支援から教えてもらったABAによって自分の子供が持っていた発達障害が良好

自分が子供を出産した時には、できるだけ多くの人達とコミュニケーションを取った方が良いと考えていたためまだ小さい頃から様々な方々と接する機会を与えていましたが、成長と共に気になったのが周囲よりも自発的に動く機会が少ない様子でした。

子供達がのびのびと遊べて子育てをしている親達にとっては頼もしい施設に連れて行って遊ばせていたところ、他の子供達はサポートを必要としている場面を目にしたら自発的にサポートを必要としている人の所に行って手助けをしていましたが、自分の子はずっと自身の事に夢中になっていました。

そのような場面がとても多く目に付いたので、専門機関を訪れて様々な面から見てもらったところ発達障害である事がわかったため、自分の子供に特化した付き合い方をしようと決めました。

基本にしたのがABAであり、自発的に動けるようになる頼もしい教育方法であると児童発達支援の方から教えてもらえたので、早速お互いに無理が無いようにしつつ着手しました。

発達障害ではあるものの、他者が楽しそうに行っている事には強い興味関心を抱くのがわかっていたので、手伝いをしてほしい事があった時にできるだけ余裕が感じられるようにしたり楽しそうにしていました。

子供が近寄ってきて一緒に同じ作業をするようになって、落ち着いたところでお礼を伝えると初めの頃は意外そうな顔をしていましたが、すぐに今行った事は感謝される事なのだと理解してくれました。

てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。