なかなか進まなくて大変だったトイトレ

なかなか進まなくて大変だったトイトレ

子どもが2歳くらいになると誰でもチャレンジしなければいけない「トイレトレーニング」我が娘も2歳の誕生日を境に、通信教材やお友達のママからの情報を得ながら意を決してトイレトレーニングを始めました。

元々怖がりでやや臆病気質な娘だったのですが、トイレにお尻をつけて座ることは難なくクリア。「これも通信教材の知育おもちゃやDVD教材のおかげかな」などと思い、この分なら数ヶ月でトレーニングが終わるのではなんて甘い考えでした。

それから数ヶ月、一日にタイミングを見極めて何回かトイレに座らせるものの待てど暮らせどおしっこは出ず…。とうとう2歳の誕生日から10ヶ月経ったころ、娘がプレ幼稚園に通い出して周りの子どもが続々とトイレでおしっこをできるまで知能が発達したことに大きな焦りを感じました。

“トイレトレーニングは2歳の夏からで大丈夫”と先輩ママや母からのアドバイスをもとに、「お姉さんパンツ(普通の布のパンツ)」を娘に選ばせて心機一転、トイレでしっかりおしっこを出来るようになろうと夏に本腰を入れました。

最初はトイレでおしっこが落ちていく感覚が恐怖だったようで泣きながらでしたが、ある日とうとうトイレに座って小一時間経った時ようやくおしっこに成功しました。

一度成功したらトレーニングが急速に進み、子ども自身も”おしっこができたことが大きな自信になったようで、それ以来どんどん自分からトイレに行けるようになりました。

今では自宅外のトイレでも事前にバッチリトイレができるようになり、座ってもおしっこが出なかった頃が嘘のように成長したのだなと日々感動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。